借りている量がかなりある状況では

特定調停も任意整理による処理と同じようにおのおの貸し手に借金の支払いを継続することを選ぶ債務整理の選択のことです。

わかりやすくいうならば裁判所がやる借金整理と考えることができます。

この特定調停という方法も任意整理による処理と同じように自己破産とは違ってある部分だけのお金のみを整理することができるため、他に連帯保証人が関与している負債額を除いて手続きしたい場合や自動車ローンの分を除いて整理をしていく場合等も使用することも可能になりますし築き上げてきた資産を処分することは必要とされていないので、マイカーや住宅などの資産を持っているけれど、処分してしまいたくない場合でも活用可能な債務整理の方法となっています。

ただし、後々返済していく額と実現可能な給与等の収入を比較検討し、おおむね返済の計画が立つようならこの特定調停による処理を進めることは問題ありませんが破産宣告と違って返済義務がクリアになるということではないため、借りている量がかなりある状況では、現実問題としてこの方法での選択をするのは難しくなると考えるのが無難でしょう。

それから、裁判所が介入することになりますので司法書士事務所などに依頼しなくても立場が弱くなってしまうことがないことや解決のための諸費用を低くおさえられるというメリットは魅力的ですが、貸方からの取り立てに対し自分で処理する必要がある点とか実際の裁判所に何度か行くことが求められるという注意が必要な点もあります。

なお、任意整理による手続きとの比較点ですが調停にて解決できないといった場合は求められている利息をそのまま付けた計算で支払っていく必要がある点や最終的にそれら債務者に対し払っていく総額が任意による整理の場合と比較して割高になることがあるなどといった点もあります。

Link

Copyright © 1996 www.fabios.biz All Rights Reserved.